脱毛サロンで失敗してしまうケース. -その1-

選んだ脱毛サロンが自分にあっていて、うまく利用することができれば、足の脱毛をキッカケに身だしなみやスキンケアにおいて 色々と相談もできるような関係を築けるかもしれません。
 脱毛サロンによっては、実際に脱毛以外のそれらのコースを試すなどして、”美容全般” で頼りになるようなサービスを扱っている総合的な所もあるからです。

ですが残念ながら、選んだ脱毛サロンが必ずしも正解ではなかったがために、トラブルに見舞われたりするケースが少なからずある というのが悲しい現実なのです。

しかもそういったトラブルや悩みというのは、ほぼほぼ契約をした後で起こりがち。だからタチが悪い。
例えば・・
● 予約が全然取れなくて 脱毛回数を消化できない.
● 契約した脱毛回数では全然キレイにならなくて、追加追加で料金がかさんでしまった.
● 契約した後でアレもコレもと勧誘がひどくなって、毎回断るのが苦痛で行きたくなくなった.
等々。

では、どういった時に間違いを犯しやすいのか・・

「キャンペーンに踊らされてついつい契約」

今では人気の脱毛サロンではどこもやっている “キャンペーン”。
 毎月様々な名目でキャンペーンが行われ、ついつい「体験だけなら・・」と、出向いていく まではよかったものの、話を聞いているうちにだんだんその気になってきて、「足だけでも」と契約してしまう…

で、通い始めたら 同じように “キャンペーン” で集まって契約した人達で殺到していて全く予約が取れない!!

それでなくても脱毛サロンでの施術は2、3ヶ月おきで待ち時間が長いのに、さらにそれ以上かかってしまい思うように脱毛回数が消化できず・・ そのためいつまでたってもキレイになれないまま。

「体験脱毛からの勧誘から無理に契約」

上記と少し被る部分もあるのですが、こちらは “契約” そのものの問題です。
 体験脱毛からの、無理な契約.. 今では、あからさまな勧誘は少なくなってきていますが、少なくなっているとはいえ サロン側も契約してもらってナンボ ですから、言葉巧みにあの手この手で誘導してきます。

 問題は、”その気がないのに契約してしまう” 事。ある程度自分で納得した上でするならまだヨシとしましょう。
ですが、いやいやながら.. の契約は、後で必ず後悔するハメに・・

「脱毛回数が足りずに追加料金で予算オーバー」

自分の足の毛を過小評価?しすぎて「6回あれば十分!」と、自己判断を誤ったがために6回では足りず、追加追加でどんどん料金がかさんでしまった というケースも。

で、その結果・・

「思ったよりも回数と時間がかかり予定していた時期までに間に合わない!」

という事態になります。

 「予定では 夏までにはトゥルットゥルの生足で街を闊歩する予定だったのに!」結局間に合わず、当然予定は狂ってミニスカートはお預け・・ 
脱毛の効果は、人によって個人差があるものです。それはさすがに百戦錬磨のプロのエステティシャンでさえも施術していく上で経過を追いつつわかっていくこと。 最初っから予想がつくというものではないのです。